zLog

開発情報

icon

Windowsで動作するコンテスト用ロギングソフトzLog令和版の開発情報を掲載しています。

プラグイン開発マニュアル
bug 1

New Contest及びImport時にAnalyzeウインドウが更新されない

2022-11-06T11:51:32Z

New Contest及びImport時にAnalyzeウインドウが更新されず、前の表示のまま。

jr8ppg
bug 1

ZLO/ZLOX/CSVファイルのロードが遅い

2022-11-06T11:46:30Z

10000レコード以上あるようなZLO/ZLOX/CSVファイルのロードに数分かかる。 1000レコード程度では気にならない。 例)25000件で5~6分

jr8ppg
enhancement 0

内部処理での周波数表現の見直し

2022-11-03T13:16:18Z

内部では周波数をHzで保持しているが、型がLongIntだのIntegerだのInt64が混在しているのでInt64に統一する。 LongInt及びIntegerの場合、IC-905が発売されると2.4G&upでオーバーフローするので直しておく。

LongInt,Integer: 符号つき4バイト(-2147483648 ~ 2147483647)

Hzでの周波数は以下の通り

   1820000
   7020000
  21125000
 145000000
 430000000
1200000000
2400000000

jr8ppg
enhancement 0

日本語リソース作成第二弾

2022-10-29T13:59:11Z

日本語リソース作成の続き

jr8ppg
bug 1

HAMLOG用CSV出力で、2回目以降の操作でエラーが発生する

2022-10-29T07:55:49Z

HAMLOG用CSV出力で、1回目の操作でRemarkes1に「入力」を選択し、OKクリック。 続いて2回目の操作を行うと、「無効/非表示ウィンドウにはフォーカスを設定できません.」のエラーが発生する。

image

jr8ppg
bug 1

HAMLOG用CSV出力で、1局目がJにならない

2022-10-28T15:05:05Z

HAMLOG用CSV出力で、設定で「初期値=PSE QSL」にしていても1局目だけ”J “にならない。 現象確認済み。

jr8ppg
bug 0

範囲チェックエラーの修正

2022-10-22T12:07:11Z

実行時エラー検出ONの場合、色々なところで「範囲チェックエラー」が出る

jr8ppg
bug 1

バンドスコープ:Z-Server経由のQSOを受信してもWorkedにならない

2022-10-20T12:10:54Z

Z-Server経由のQSOを受信しても、バンドスコープのスポットがWorkedにならない、New Multiが消えない。

jr8ppg
enhancement 1

ZAFとZAAにCW内数を追加

2022-10-18T12:50:26Z

Analyzeで出力されるファイルのうち、ZAFとZAAにCW内数が無い。 ZOPにはある。 「CW内数を出力」のチェックボックスを追加して、出力の有無を設定できるようにする。

ZAF

<時間ごとの交信局数> (括弧内は電信の内数)

       1.9      3.5        7       14       21       28       50      144      430       ALL

 [21]    0        0       95        0        0        0        0        0        0        95
 [22]   11(11)    8(8)    22(19)    0        0        0        0        0        0        41(38)
 [23]    8(8)    25(20)   14        0        0        0        0        0        0        47(28)
 [00]    5(5)    26(23)    0        0        0        0        0        0        0        31(28)
 [01]    6(6)     3(3)     0        0        0        0        0        0        0         9(9)

ZAA

<時間およびエリアごとの交信局数> (括弧内は電信の内数)

[7 MHz]
         1     2     3     4     5     6     7     8     9     0     合計    累積

 [21]   35    16    16     6     4     6     -     3     5     4     95      95(0)
 [22]    3(3)  6(4)  4(3)  1(1)  1(1)  5(5)  -     2(2)  -     -     22(19) 117(19)

jr8ppg
bug 2

強制確定の不具合

2022-10-17T23:55:05Z

QSO入力時にShift+Enterで強制確定すると、それ以降のQSOもForcedになる。

jr8ppg
enhancement 2

PacketCluster受信でスポッターでのフィルタ機能

2022-10-17T00:13:36Z

PacketCluster受信でスポッターでのフィルタ機能が欲しい。 ・指定のスポッターの情報のみ受信 ・役に立つかは未知数

jr8ppg
enhancement 1

PacketCluster受信でSH/DXレスポンスを無視する設定

2022-10-16T12:41:23Z

PacketCluster受信でSH/DXレスポンスを無視する設定が欲しい。

jr8ppg
enhancement 1

バンドスコープに交信済み表示/非表示切替が欲しい

2022-10-16T11:30:35Z

バンドスコープに交信済みスポットを、表示または非表示にする切替が欲しい。 New Multiウインドウには無くて良い(非表示のみ)

jr8ppg
enhancement 2

DTR/RTS逆の設定をリグ別に

2022-10-13T23:54:04Z

Options-ハードウェア-CW/PTT制御 □PTT:DTR、KEY:RTSとする、なのですが RIG1とRIG2とで逆の場合はどうしましょう、という疑問が湧きました。

jr8ppg
enhancement 1

0 QSO時のセーブ

2022-10-13T23:53:14Z

起動:コンテスト選択:ファイル名入力:メインウィンドウオープン したのちに各種設定(S)をして0 QSOのままでzLogを閉じると、 ファイル名入力したファイルがないです (セーブ動作してないのだから当たり前といえば当たり前) 最初の0 QSOはセーブして欲しいです。 あるいはダイアログBOXでセーブするか聞くようにするか。

jr8ppg
0

ウインドウ(W)の各項目をタスクバーに収納

2022-10-13T23:52:42Z

例えば「スコア(S)」を押してScoreを表示させて、タスクバーに収納して 「スコア(S)」を押すとScoreウインドウが出てきません。 タスクバーから選択しないと出てこないです。これは出てきて欲しいです。 (5)のWinキー+Dしてしまうと大変です。 ウインドウ(W)からでは出てこなくなります (タスクバーで一個一個選択すると出てくる)

jr8ppg
0

[Winキー]+D の動作

2022-10-13T23:52:05Z

ウィンドウズの動作で[Winキー]+Dを押すと全てのアプリケーションの ウィンドウが収納されもういちど押すとトグル動作で元に戻るのですが、 zLogのウィンドウはほとんど戻りません。 メイン, Information, SO2R Neo Control Panel, QSY Indicatorは戻ります。 ウィンドウズのお行儀的に戻って欲しいです。

jr8ppg
enhancement 1

Function Key Panelの改良案

2022-10-13T23:51:30Z

1.表示されているファンクションがCW AなのかCW Bなのかが Function Key Panel自体に表示されていると 使いやすいと思いました。

2.Function Key Panelにフォーカスがある時にShift+FでCW AとCW Bとが 現状切り替わらないです。ここは切り替わってほしい。

jr8ppg
0

CW未設定時のTABキー

2022-10-13T23:50:52Z

CW port is not set で、[Tab]キー CW Portを設定せずにファンクションキーを押すと 赤字でCW port is not setとメインウィンドウ最下段に出ますが [Tab],[;],[↓]のどれかを押すとFunctionキー2の送信動作をし始めます (サイドトーンONにするとわかりやすい)。 これらもnot setしたい。

jr8ppg
1

ScoreウィンドウでのInvalidフラグの扱い

2022-10-13T23:49:56Z

Invalidフラグを立てるとScoreウィンドウでQSOsもPointsも両方1ポイント減ります。 QSOsは減らないのでは?

jr8ppg
enhancement 1

JARL E-Log 2.1の#CHECKLOG対応

2022-10-13T23:39:11Z

いつの間にかチェックログ対応が行われていました。 #CHECKLOGの行以降はチェックログとして扱うとのこと。 でも元々部門外バンドはカウントされないけど、、、

https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/e-log.html

jr8ppg
enhancement 1

JARL用Cabrillo出力

2022-10-13T13:28:41Z

Cabrillo出力時にJSTでも出せるとありがたいです. これはJARL4大でCabrillo提出時にUTCではなく,JSTが指定されているためです(AAはUTC). 本来のCabrillo仕様とは異なるので,あまりいいことではないと思いますが.JSTでも出せるオプションがあればと思っています.

https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/e-log_cabrillo.txt

jr8ppg
bug 2

コールサインチェックウィンドウの表示

2022-10-13T13:26:57Z

どこかで壊しちゃったかな

 check call(コールサインチェック)ウィンドウに表示される
コールサインですが,令和版になってから/1や/QRPが表示
されなくなったと思います.できれば,旧版と同じように/1や
/QRPも含めて表示できたらいいなと思っています(オプション
での切り替えなどでも構いません).

jr8ppg
enhancement 1

PacketCluster接続で自動再接続に上限回数を設ける

2022-10-11T00:05:47Z

PacketCluster接続で通信不安定で頻繁に自動再接続される場合があるので、再接続回数に上限を設ける。 或いは、指定時間経過しないと再接続しないとか。

jr8ppg
enhancement 4

前回ウインドウ位置のモニターが無くなった場合の対応

2022-10-11T00:03:34Z

起動時、前回ウインドウ位置のモニターが無くなった場合は、存在するモニターの中に移動してきて欲しい。

jr8ppg
enhancement 0

RigControlのJumpボタンもモードの考慮が欲しい

2022-10-10T13:42:01Z

RigControlのJumpボタンで元の周波数に戻る機能。 戻り先のモードを記憶して置いてほしい。 また、YAESUのサイドバンド分のずれも考慮して。

SSBでrun中に、バンドスコープでCWをS&Pして、Jumpボタンで戻るとCWのまま。

jr8ppg
bug 2

TUNEコマンドでKEY DOWNしない

2022-10-08T06:34:45Z

CWにて、TUNEコマンドではPTTはONになるが、KEY DOWNしないので電波が出ない。 (元々どうだったのだろうか)

jr8ppg
bug 1

CWで送信中止すると電文中の速度変更が戻らない

2022-10-08T06:33:15Z

CWで電文中の速度変更(+n, -n)中に、ESCキーで送信中止を行うと、変更されたままになってしまう。

jr8ppg
enhancement 1

ICOM機のCI-V制御改善

2022-09-29T23:52:10Z

ICOM機のCI-V制御で、コマンド送出後、FB(OK)/FA(NG)応答を待つことにする。

jr8ppg
enhancement 2

QSO確定時のバンドスコープWorkedチェックが遅い

2022-09-19T01:49:49Z

どう考えても遅いので、QSO確定時のバンドスコープWorkedチェックを別スレッドにする。 ついでにClusterからのスポット情報更新も別スレッドにする。

jr8ppg
0

IC-905対応

2022-09-16T16:07:39Z

1000MHz台の周波数情報がどうなるか?

jr8ppg
0

FT-710対応

2022-09-16T16:06:50Z

FT-2000でいけるか?

jr8ppg
enhancement 0

ボイスメモリ再生の前後にリグにコマンドを送りたい

2022-08-26T13:26:48Z

ICOMのCI-V コマンド1A-05-0118(IC-705の場合)で00(MIC)と01(USB)を切り替えを行うとボイスメモリ送信中にMICをOFFにできる。

PTT ON>コマンド送信(USB)>再生>コマンド送信(MIC)>PTT OFF

jr8ppg
bug 5

BandScopeでアクセス違反

2022-08-09T11:52:55Z

FDコンテストでの発生報告

==============================================================================
= 2022/08/07 6:02:57                                                         =
==============================================================================
There was an error during the execution of this program.
The application might become unstable and even useless.
It's recommended that you save your work and close this application.

モジュール 'zlog.exe' のアドレス 000000000041426B でアドレス FFFFFFFFFFFFFFFF に対する読み取り違反がおきました。.

------------------------------------------------------------------------------
Exception log with detailed tech info. Generated on 2022/08/07 6:02:56.
You may send it to the application vendor, helping him to understand what had happened.
 Application title: zLog for Windows
 Application file: 
------------------------------------------------------------------------------
Exception class: EAccessViolation
Exception message: モジュール 'zlog.exe' のアドレス 000000000041426B でアドレス FFFFFFFFFFFFFFFF に対する読み取り違反がおきました。.
Exception address: 000000000041426B
------------------------------------------------------------------------------
Main thread ID = 1808
Exception thread ID = 1808
------------------------------------------------------------------------------
Exception stack
Stack list, generated 2022/08/07 6:02:56
[000000000041426B]{zlog.exe    } System.InternalUStrCatN
[0000000000DDBCB8]{zlog.exe    } JclDebug.JclCreateStackList
[0000000000DDBC36]{zlog.exe    } JclDebug.DoExceptionStackTrace
[0000000000DDD8A2]{zlog.exe    } JclDebug.DoExceptNotify
[0000000000DCBAD5]{zlog.exe    } JclHookExcept.TNotifierItem.DoNotify
[0000000000DCBD1B]{zlog.exe    } JclHookExcept.DoExceptNotify
[0000000000DCBED7]{zlog.exe    } JclHookExcept.HookedExceptObjProc
[00000000004113DE]{zlog.exe    } System.@DelphiExceptionHandler
[00007FF8EFA7229F]{ntdll.dll   } Unknown function at __chkstk
[00007FF8EFA21454]{ntdll.dll   } RtlRaiseException
[00007FF8EFA70DCE]{ntdll.dll   } KiUserExceptionDispatcher
[000000000041426B]{zlog.exe    } System.InternalUStrCatN
[0000000000414A5B]{zlog.exe    } System.@UStrCatN
[000000000097C6F7]{zlog.exe    } UBandScope2.TBandScope2.GridMouseMove
[000000000062E8BB]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TControl.MouseMove
[000000000080E69F]{zlog.exe    } Vcl.Grids.TCustomGrid.MouseMove
[000000000062E997]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TControl.WMMouseMove
[000000000040FF35]{zlog.exe    } System.TObject.Dispatch
[000000000062DCF0]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TControl.WndProc
[0000000000634F50]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.WndProc
[00000000006340CC]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.MainWndProc
[00000000004CD8F6]{zlog.exe    } System.Classes.StdWndProc
[00007FF8EF61E858]{USER32.dll  } Unknown function at CallWindowProcW
[00007FF8EF61E299]{USER32.dll  } Unknown function at DispatchMessageW
[00000000007DB843]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.ProcessMessage
[00000000007DB8B8]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.HandleMessage
[00000000007DBD06]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.Run
[0000000000DE33C4]{zlog.exe    } Zlog.Zlog
[00007FF8EDA87034]{KERNEL32.DLL} BaseThreadInitThunk
[00007FF8EFA22651]{ntdll.dll   } RtlUserThreadStart
------------------------------------------------------------------------------
Call stack for main thread
Stack list, generated 2022/08/07 6:02:57
[00007FF8EFA6ED74]{ntdll.dll   } ZwGetContextThread
[0000000000DDC401]{zlog.exe    } JclDebug.TJclStackInfoList.Create
[0000000000DDBD2B]{zlog.exe    } JclDebug.JclCreateStackList
[0000000000DDBE56]{zlog.exe    } JclDebug.JclCreateThreadStackTrace
[0000000000DDBF04]{zlog.exe    } JclDebug.JclCreateThreadStackTraceFromID
[0000000000DE0B8F]{zlog.exe    } UExceptionDialog.TExceptionDialog.CreateReport
[0000000000DE03E7]{zlog.exe    } UExceptionDialog.TExceptionDialog.CreateDetails
[0000000000DE307D]{zlog.exe    } UExceptionDialog.TExceptionDialog.UMCreateDetails
[000000000040FF35]{zlog.exe    } System.TObject.Dispatch
[000000000062DCF0]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TControl.WndProc
[0000000000634F50]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.WndProc
[00000000007CD0DE]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TCustomForm.WndProc
[00000000006340CC]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.MainWndProc
[00000000004CD8F6]{zlog.exe    } System.Classes.StdWndProc
[00007FF8EF61E858]{USER32.dll  } Unknown function at CallWindowProcW
[00007FF8EF61E299]{USER32.dll  } Unknown function at DispatchMessageW
[00000000007DB843]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.ProcessMessage
[00000000007DB8B8]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.HandleMessage
[00000000007D4944]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TCustomForm.ShowModal
[0000000000DE2F1F]{zlog.exe    } UExceptionDialog.TExceptionDialog.ShowException
[0000000000DE214E]{zlog.exe    } UExceptionDialog.TExceptionDialog.ExceptionHandler
[0000000000DAA600]{zlog.exe    } Vcl.AppEvnts.TCustomApplicationEvents.DoException
[0000000000DAB1C1]{zlog.exe    } Vcl.AppEvnts.TMultiCaster.DoException
[00000000007DBEBA]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.HandleException
[00000000006340EE]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.MainWndProc
[00000000004CD8F6]{zlog.exe    } System.Classes.StdWndProc
[00007FF8EF61E858]{USER32.dll  } Unknown function at CallWindowProcW
[00007FF8EF61E299]{USER32.dll  } Unknown function at DispatchMessageW
[00000000007DB843]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.ProcessMessage
[00000000007DB8B8]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.HandleMessage
[00000000007DBD06]{zlog.exe    } Vcl.Forms.TApplication.Run
[0000000000DE33C4]{zlog.exe    } Zlog.Zlog
[00007FF8EDA87034]{KERNEL32.DLL} BaseThreadInitThunk
[00007FF8EFA22651]{ntdll.dll   } RtlUserThreadStart
------------------------------------------------------------------------------
System   : Windows 10 Professional, Version: 10.0, Build: 4A63, ""
Processor: Intel, Intel(R) Core(TM) i5-5300U CPU @ 2.30GHz, 2290 MHz MMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 SSE41 SSE42 64 bits DEP
Memory: 10115; free 7114
Display  : 1680x1050 pixels, 32 bpp
------------------------------------------------------------------------------

jr8ppg
bug 8

「整数のオーバーフロー」エラーが発生

2022-08-09T11:50:57Z

FDコンテストでの発生報告

==============================================================================
= 2022/08/07 2:22:55                                                         =
==============================================================================
There was an error during the execution of this program.
The application might become unstable and even useless.
It's recommended that you save your work and close this application.

整数のオーバーフロー.

------------------------------------------------------------------------------
Exception log with detailed tech info. Generated on 2022/08/07 2:22:55.
You may send it to the application vendor, helping him to understand what had happened.
 Application title: zLog for Windows
 Application file: 
------------------------------------------------------------------------------
Exception class: EIntOverflow
Exception message: 整数のオーバーフロー.
Exception address: 00450E24
------------------------------------------------------------------------------
Main thread ID = 2700
Exception thread ID = 2700
------------------------------------------------------------------------------
Exception stack
Stack list, generated 2022/08/07 2:22:55
[00450E24]{zlog.exe    } System.Classes..TStringList
[00450E24]{zlog.exe    } System.Classes..TStringList
[00A8FF19]{zlog.exe    } Main.TContest.RenewScoreAndMulti
[00A8FD78]{zlog.exe    } Main.TContest.Renew
[0093E045]{zlog.exe    } UEditDialog.TEditDialog.OKBtnClick
[0057AE6B]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TControl.Click
[0057F867]{zlog.exe    } Vcl.Controls.TWinControl.WndProc
------------------------------------------------------------------------------
Call stack for main thread
Stack list, generated 2022/08/07 2:22:55
[77396B94]{ntdll.dll   } KiFastSystemCallRet
------------------------------------------------------------------------------
System   : Windows 7 Home Edition, Version: 6.1, Build: 1DB1, "Service Pack 1"
Processor: Intel, Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     U9400  @ 1.40GHz, 1400 MHz MMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 SSE41 64 bits DEP
Memory: 3486; free 2384
Display  : 1024x768 pixels, 32 bpp

jr8ppg
bug 2

N+1のColumnsが2以上の場合、フルマッチ時にハイライト色にならない

2022-08-08T12:05:50Z

通常のフルマッチ時の動作は、N+1画面の該当局とCALL入力欄がハイライト色(黄背景)になります。 しかし、N+1画面のColumnsが2以上の場合、背景色が黄色に変わりません。

jr8ppg
enhancement 8

相対パスでPath / Super Check フォルダを指定したい

2022-06-15T14:34:25Z

Pathの各フォルダを相対パスで記載したいです。 USBメモリスティックで各マシンにzLogフォルダを配布した際に 毎回Pathを書き換えるのが大変だからです。

例えばD:¥HAM¥zLog¥zLog.exe とした場合にCFG/DAT を CFG .¥CFG¥ D:¥HAM¥zLog¥CFG が同じフォルダを参照するように動作したい。 (環境変数も使えると自由度が増します %userprofile% など)

【現状】各フォルダを、CFGs, LOGs, Backups, Sound, Plugin, Superchecksとして

CFG/DAT : CFGsと書くと見に行っている Logs : LOGsと書いても見に行かない(最後に開いたログフォルダが開く) Backup : Backupと書くとアプリケーションエラーが発生する(書けないので) ┗.¥Backup¥と書けばBackupフォルダを作成してそこにバックアップファイルを作成する Sound : 未確認 Plugins : 最初からフルパスが書いてある! Super Check : Superchecksと書いてそれが存在していれば見に行く

【蛇足】 Path指定の5項目は逆スラッシュが¥で、Super Checkは\なのもちょっと気になります

jj8dan
enhancement 0

QSO RateEx TARGETにも折れ線グラフが欲しい

2022-05-04T13:01:31Z

QSO RateExウインドウで、TARGETにも折れ線グラフが欲しい。

jr8ppg
enhancement 2

SO2RサポートV2:2BSIQ対応

2022-04-20T14:47:25Z

SO2Rサポート第二弾として、2BSIQ支援機能にバージョンアップする

jr8ppg
enhancement 0

SCP APIの対応

2022-04-04T14:22:21Z

Watchful users of Super Check Partial will see a significant increase in the number of callsigns in MASTER and its derived files. This month痴 release (just posted live) has 40,940 calls in MASTER ・up from 35,416 last month.

This step function in active calls is a result of a new API which allows logging programs to directly submit a log to Super Check Partial. This removes the need for the contester to take the extra step of emailing the log to logs@supercheckpartial.comlogs@supercheckpartial.com. Logs are submitted securely to Super Check Partial over HTTPS and are 都igned・by the logging program before submission to authenticate the origin of the log.

SCP API support has already been added to N1MM+, DXLog.net, SkookumLogger, N3FJP痴 loggers and Writelog. This support is in published releases for N1MM+ and DXLog.net, selected contests for N3FJP loggers and in beta versions for SkookumLogger and Writelog.

N3FJP痴 release process will add this support to all their loggers through the course of this year.

I am very grateful for the support from the software teams supporting these loggers for their willingness to add the API support. It has made an enormous improvement in the number of logs submitted to Super Check Partial.

As an example, for the CQ-WPX-SSB contest just held, the API generated 1,632 logs compared to 121 logs submitted by email in 2021. Not only has the introduction of the API led to more submitted logs but it has greatly increased the submission of logs from contesters outside the US, as well as logs from non-US sponsored contests.

The supporting logging programs ask the contester for their consent to upload the log to Super Check Partial ・by design this is an opt-in process. Logs are NOT submitted without the contester痴 consent.

Super Check Partial uses a thresholding process to minimize busted calls in the MASTER file ・this threshold has been set at 6 for many years and does a good job in limiting busts. It doesn稚 address systemic issues like H on CW being logged as an S ・some stations suffer from this more than others and when detected, the busted call is blocked as part of the monthly generation process.

I will be watching closely over the next few months to see whether the threshold needs to be changed. As in the past, please report busted calls or requests for add/deletions/changes to logs@supercheckpartial.comlogs@supercheckpartial.com.

Email submission is still supported ・so if you have a logger which doesn稚 support the API, please continue to use the email process. Please consider asking the author of your logging program to add support for the API.

If you are the author of a logging program and would like to add the API support to your program, please contact me directly for documentation etc.

73 Stu K6TU

jr8ppg
0

2Radio対応、YCCC SO2R BOXのminimum仕様対応

2021-12-30T15:27:54Z

たぶんこれと思います。 https://www.k1xm.org/OTRSP/index.html https://www.k1xm.org/OTRSP/OTRSP_Protocol.pdf

jr8ppg
enhancement 1

DX用のバンドプラン初期値が欲しい

2021-11-10T23:52:29Z

JA/DXともに、CW/SSB/RTTY別にプリセットが欲しい。

jr8ppg
bug 0

CWON/OFFコマンドでアプリケーションエラーその2

2021-10-28T13:56:51Z

#223 を継続調査。

jr8ppg
bug 2

QSO Edit時にSentが設定されていないと、空で上書きしてしまう

2021-10-28T13:53:20Z

タイトルの通り #239 より分割

jr8ppg
enhancement 0

CQの自動リピートの回数の改善

2021-10-13T12:39:42Z

“Use CQ RANDOM REPEAT”にチェックを入れていると、 CTRL+ZでのCQリピートが3回程しかされないように思います。 チェックをはずすと設定回数を繰り返します。 チェックを入れている状態でも設定数の繰り返しを希望します。

jr8ppg
enhancement 4

RTTYの改善

2021-09-26T14:33:04Z

1)WW RTTYも対応していただけると点数計算ができるようになり助かります。 2)ctrl+zの「連続CQ」ができませんでした。2つの「連続CQボタン」を押しても同様でした。 3)RTTYコンソールのコールサインを押した後、コンソールがアクティブの状態のままになります。 すぐに入力できるように、メインウィンドウをアクティブに遷移することはできないでしょうか?

jr8ppg
enhancement 2

Band Map画面をマウスのホイールを回したらすぐスクロールしてほしい

2021-09-23T12:50:34Z

スクロールに関しては、zLogの縦スクロールバーが普通のアプリと異なっている感触で、つまみ(ノブ)の長さが、縦方向のウィンドウ高さから期待する長さよりもなぜか短くて、ホイールでノブをだいぶずらさないとスクロールが始まらないことに起因しています。

jr8ppg
0

optionウィンドウを閉じた後、元のRIGへ戻りたい

2021-08-11T12:42:29Z

現状では、RIG2の状態で、otpionウィンドウを開いた後、閉じてメインフォームへ戻るとRIG1になります。 でれきば、元のRIGへ戻れないでしょうか? RIG1以外の時は、予期せぬところへQSYしてしまうこともあります。 (MAXRIGを3,4と増やしても同じです)

JO3JYE
enhancement 0

His RST (Sent RST) の常時表示と入力

2021-07-13T14:23:55Z

zLogは、His RST (Sent RST,こちらから相手に送るRST,相手の信号のRST)は、内部的には持っているがユーザーは(直接は)変更できず、”memo”欄に一時的に書いておいて(例えば51)、zLog終了後にzListw.exeで書き替えます。

このHis RSTをメインウィンドウ常時表示入力にしたい。個別のQSO編集も。

なんでこんなことを言い出したかというと 「DX Pedition Mode」で(※1)

  • ハイバンドでPhoneだと「私はどんな信号でも59に聞こえる」には無理がある。51を送らざるを得ない時もある。
  • 画面に表示されている”RST”と”rcvd”は「My RST」と「Received Number」なのですがここを代用して「His RST」「My RST」としてしまう人がいて(※2)(マルチOPで運用教育が徹底されてないのも悪い)交信後に修正が手間になる。”rcvd”をグレーアウトしてしまう手もあるがそうするとニューイヤーパーティで困ってしまう。
  • 他のコンテストでも59以外を送出したい向きもあるだろう
  • コンテスト終了後のログ修正禁止条項に引っかかる?か?

(※1)DX Pedition Modeなんだからむしろ59以外ないだろ? (※2)通常のJARL4大コンテストだとHis RSTは”memo”に書く(そこにしか書く欄がない)

His RST 入力可能化に伴いHis RSTにあわせてCWメッセージ送出しないといけないなど影響度が大きい。またHisとMyを間違える対策といったインターフェース対策も予想される。

大工事になってしまいそうです。

jj8dan
enhancement 0

プレコンテスト機能

2021-07-12T12:28:17Z

・コンテストの開始日時の設定 ・開始前のQSOをDupeチェック、マルチチェック、スコア計算から除外 ・開始後に、開始前にQSOした局からコールされたら、Dupeの代わりに「xx:xx 開始前QSO」等の表示

jr8ppg
0

CW送信中に、Optionsウィンドウを操作した場合の動き

2021-04-29T11:52:52Z

CW送信中に、Optionsウィンドウを閉じると強制的にCW送信が止まってしまいますが、次回送信時 から反映だと嬉しい。(以前はそうだったような気がします)。CQ出しながら設定を変えたりしたときに CW送信が止まるのは違和感があります。

jr8ppg
enhancement 4

バンドマップでの現在位置の表示

2021-04-13T12:27:08Z

from ZLOG-REIWA ML

◆BANDMAPの動作について  これはどういう動きが良いのか好みもあるかもしれません、、  430.050.00でJK1JHUをバンドマップに取り込んで (CTRL+N) いた時、

 周波数をJK1JHUの下側から上げていくと、430.050.09まではVFOの位置が  JK1JHUの上にあり、430.050.10で、JK1JHUの下になります。  周波数をJK1JHUの上側から下げていくと、430.050.00までは、VFOの位置が  JK1JHU下にあり、430.049.99で、JK1JHUの上になります。

 上下ある程度の幅を持ちながら、同じ周波数といえる範囲にVFOが  来た場合には、JK1JHUが反転するなど、BANDMAPの情報とVFOが一致している  状態がわかるのが良いのではないかと感じました。

jr8ppg
enhancement 2

MultiRig V1.0(OmniRig V2.1)のサポート

2021-01-12T14:10:54Z

MultiRig V1.0(former OmniRig V2.1) いや、まだどうやればいいのか、全然分かって無いのですが。

7M4KSC
bug good first issue question 0

Help > About... で「The file (パス名) Does not exist.」

2020-11-06T14:27:26Z

※ Issue作成テストを兼ねて、再現性が不確かな不具合を報告しています

(zLogバージョン) 2.5.0.6 (PC環境) Win8.1 64bit

(現象) zlogのzipフォルダを展開してzlog.exeを一度実行(Windows DefenderのPC保護表示画面から実行)した後、zlog.exeのフォルダを移動すると、Help > About… で The file C:¥Users¥{ユーザ名}¥Documents¥zlogwin_2500_20200928 Does not exist. というエラーメッセージが表示され、[OK]を押すとAbout画面が表示される。 このときのAbout画面は、May 23,2005 の右に「全市全郡コンテスト」のように表示されるべきところ「Label2」と表示される。

(再現手順) 不明、要再検証

jj1cvh
enhancement help wanted 2

WAEコンテストの動作確認

2020-11-06T12:25:11Z

WAEコンテストの動作確認 QTC送信機能は未完成? 動作するとは思えない感じですが、、、

jr8ppg
enhancement 0

USBIF4CW Gen.3対応

2020-11-06T10:51:42Z

USBIF4CW Gen.3対応

CWスピード調整ダイヤルに対応できれば良い

jr8ppg
enhancement 1

チャット機能の強化

2020-11-06T10:50:34Z

チャット機能を強化したい 具体的な内容は未検討

例えば ・スタンプ(定型文) ・LINEの様な表示?

jr8ppg
enhancement 2

USBIF4CW.DLL対応

2020-11-06T03:47:31Z

usbif4cwWriteData()を使えばJVCLいらない - 64bit版DLLが公開されたら

jr8ppg
enhancement 2

Super Checkの複数登録コールの改良

2020-11-06T03:45:59Z

Super Check画面で、SPCファイル中に同一コールで複数マルチが登録されている場合は、複数を表示して欲しい

jr8ppg
bug ZyLO zLog 0

コンテストプラグインで最初のQSOがInvalid Numberとなる

2022-11-07T12:10:36Z

概要

コンテストプラグインを使用するユーザ定義コンテストで、最初のQSOがInvalid Numberとなる。

再現手順・設定

zLog 2.8.3.0で、適当なコンテストプラグインで再現可能。最初のQSOがInvalid Numberとなるが、強制入力すると、次からは普通に入力できる。また、その状態で新しいコンテストを選び、同様にコンテストプラグインを使うコンテストを開くと、今度は普通に入力できる。

期待される動作

最初のQSOがInvalid Numberとならない。

対応期限

可能な限り早く

JG1VPP
ZyLO enhancement 22

Chotto Wakaru CWプラグイン

2022-11-03T18:45:46Z

概要

テストベッドとなる最も簡単なモールス信号解読プラグインを整備する。

JG1VPP
bug ZyLO 0

QSO.Insert系メソッドの動作確認

2022-11-03T14:51:15Z

概要

QSO.Insert,Delete,Updateメソッドを呼ぶとzLogが落ちる。

再現手順・設定

func onInsertEvent(qso *reiwa.QSO) {
  qso.Insert()
}

期待される動作

QSOが追加・削除・更新される。

対応期限

未定

JG1VPP
ZyLO enhancement 0

探信儀プラグイン

2022-11-02T09:29:13Z

概要

交信相手局のJCCコードから市区町村役場の座標を取得して距離を計算しメモに追記する常駐型プラグインを実装する。

検討事項

Maplotプラグインに内蔵の地理情報データにアクセスする。自局の位置を設定する方法の検討が必要。

JG1VPP
ZyLO enhancement CW 0

CW4 Identification Surveillance Response System

2022-10-29T14:02:31Z

構想

https://github.com/nextzlog/todo/issues/124 で完成したモールス信号解読の技術とリグコントロールを積極的に活用し、周波数帯の監視及び自動応答の機能を有するプラグインを実現する。

要素

  • モールス信号解読
  • リグコントロール

動作

  1. 周波数帯のワッチを開始する
  2. モールス信号を解読して周波数と呼出しメッセージを記録する
  3. 交信記録を参照して未交信の無線局を自動的にリスト表示する
  4. 自動応答モードの場合は自動選局後にボタンを押すことで交信を開始する

JG1VPP
bug ZyLO CW 2

CW解読プラグインのウィンドウを安全に閉じる

2022-10-29T11:19:18Z

概要

https://github.com/nextzlog/todo/issues/118#issuecomment-1295155422

JG1VPP
ZyLO enhancement CW 1

CW解読プラグインのベータ版リリース

2022-10-29T10:54:14Z

概要

https://github.com/nextzlog/todo/issues/91 以来、1ヶ月に渡り開発を続けてきたモールス信号解読プラグインが実用に耐える性能に達したので、ベータ版のリリースと広報の準備を行う。

JG1VPP
ZyLO enhancement CW 9

CW解析プラグインの広報

2022-10-24T14:13:15Z

問題意識

運用をなんとかすれば(ウィンドウを閉じない)問題なさそうな問題が解決されていませんが、ボチボチ見栄えのいいプラグインができましたので、広報を検討しないといけない

解決方法

JA1ZLOというお約束のものだけでなく、パイルアップ・カスカスの局の解読もやらせた動画を撮ったのでそれをツイートする?

https://user-images.githubusercontent.com/58735989/197546870-6f7a6e87-83f0-4d80-8b5f-fccf498579d6.mp4

jucky154
bug ZyLO 2

マーケットプレイスの継続的修正

2022-10-22T05:02:41Z

概要

マーケットプレイスは、どれかひとつでも誤りがあると、全体の更新が停止するように構築している。その場合は、管理人は速やかに状況を修正する責任がある。ここでは、そのための連絡を行う。

JG1VPP
bug ZyLO zLog 4

zLogにおいてtelnetやリグコントロールの設定をするとプラグインが無効化されるというエラーが出る

2022-10-08T14:23:41Z

概要

zLogにおいてtelnetやリグコントロールの設定をするとプラグインが無効化されますがいいですかという警告が出る

再現手順・設定

zLog v2.8.3.2の日本語版(英語版は未確認)で各種設定->オプションからリグコントロールやパケットクラスターの設定( どちらか一方でも再現されました。 過去に一度、この警告を見ると見ないこともあるようです。 再現する場合は、zlog2.8.3.2をダウンロードしてすぐにプラグインをインストールして、その直後にここの設定の部分だけしてOKを押せばできると思います)をして、OKを押すと以下のような警告が出る。しかし、自分がやった限りではこの後にも普通にプラグイン(CW解析)は動いた plugin-muko

期待される動作

このような警告は表示されない

対応期限

ALL JA

jucky154
ZyLO enhancement 5

コンテストプラグインの充実

2022-10-06T04:30:06Z

問題意識

京都コンテストなど手計算が必要なコンテストに対応する。

解決方法

CFG/DAT file for zLogを参照。

JG1VPP
bug ZyLO CW 10

CW解析プラグインが開けない

2022-10-04T17:04:58Z

概要

CW解析プラグインがエラーによって開なかったとの報告をZLO部員からもらった マルウェアとして検知されているらしい

再現手順・設定

以下がエラーコード errormessage.txt

期待される動作

ウイルスとして認識されないようにする

対応期限

ACAG?

jucky154
ZyLO enhancement 1

CTESTWINとの星取り表

2022-09-18T11:19:41Z

問題意識

SEOを意識して、CTESTWINとzLogの対立軸を明確化して、集客を目論む。

解決方法

星取り表を作って公開する。例えば、

機能 CTESTWIN zLog
ほげ

JG1VPP
bug ZyLO 1

プラグインをインストールした際に一部のイベントハンドラが呼ばれない

2022-09-17T16:35:38Z

概要

プラグインをインストールした際にOnLaunchEventは呼ばれるが、OnAttachEventOnInsertEventは呼ばれない。

再現手順・設定

Maplotライブラリをインストールしてウィンドウを表示すると何も表示されないのは、OnInsertEvent関数が呼ばれないため。

期待される動作

上記の関数が呼ばれる。

対応期限

未定

JG1VPP
ZyLO enhancement 0

CFGファイルからDLLを自動的にインストールする機能

2022-09-13T05:52:36Z

問題意識

プラグインマネージャに慣れないユーザのため、馴染みのあるCFGファイルからDLLを自動的にインストールする機能があれば、機会の拡大に繋がる。

解決方法

以下のようなpkg構文を追加する。これにより、コンテストを開く前に、インストールの可否の確認ダイアログが表示され、YESボタンを押すことでpkg.rttestのインストールが自動的に行われる。

exit
dll rttest.dll
pkg rttest

JG1VPP
ZyLO enhancement 7

zLog Forumの設置

2022-08-25T14:12:17Z

問題意識

これはZyLOというよりもzLog令和editionの機能をより多くの人に知ってもらい、その結果利用者が増え、ZyLOの利用者も増えるみたいなことを考えたものです

zLogの機能や設定について説明(wiki)やググってもわからない際に、どうしようもなくなってしまう

解決方法

https://forum.air-hamlog.com/c/support のような「機能の質問や説明を利用者同士(たまに開発者側)が行うサイト」を作る必要がある気がします。

課題

  1. そもそもの設置に関して どこでforumを開くのがいいのか… そのサーバの管理をどうするか… アカウントなどをどうするのがよいのか… githubのアカウント登録は英語ですし、携帯電話による認証など(その対応すら英語)が必要なので、zLogを使う人(年齢層高めが多い)にはハードルが高い気がしています

  2. 運用について 基本的にはCFD Online Forumsやyahoo知恵袋のように利用者同士が教え合う形にしておく必要がある。 上のAir Hamlog のForumは、利用者が開発者に問い合わせる形になっており、開発者が忙しく回答できない場合(メンテができなくなった場合, zLogの2002年以降のように)は使いにくいものとされてしまう

jucky154
ZyLO enhancement 52

zLogプラグインを妄想するスレ

2022-07-26T11:21:34Z

真面目な話、zLogプラグインは、クラウド連携や自作ハードウェアとの連携が中心になる。 で、これらの分野でキラーアプリが不足している。というわけで、アイディア出しをしよう。

JG1VPP
ZyLO enhancement 3

広報資料作成

2022-07-18T13:17:06Z

問題意識 ZyLOにしてもzLog 令和editionにしても機能が十分に認知されていない(この辺はJR8PPGさんと共通の見解 (https://twitter.com/jr8ppg/status/1548997253658198016 )) そのため、なんらかの周知の工夫を行う必要がある。

解決方法

  • 機能の紹介を動画にしてYouTubeにアップロードする 特にリアルタイムコンテスト周りを優先的に
  • それをhamlifeやCQ ham radioに送って紙面にしてもらう HAMLOGが更新のたびにhamlifeに乗っているし、CQ ham radioには年に一回くらいHAMLOGの使い方というページがある

jucky154